ziz CLINIC

COLUMN

アートメイク除去までの回数や流れ・注意点を徹底解説!

コラム施術について

2023.07.19

「アートメイクのデザインを変更したい」「完全に除去したい」という御相談が増えています。

アートメイクの除去は、レーザー除去治療、切除法(パンチ・くり貫き法や、切開切除手術)、除去液を使用する方法などがあります。

アートメイクは、刺青・タトゥーに比べ、皮膚の浅い層に入っており、インクの量も少ないのですが、目立たなくなるまでは、治療の回数が必要だったり、ダウンタイムがあります。

また、治療には少なからずリスクもあるため、注意が必要です。

アートメイク除去とは?

除去したいアートメイクの部分に、レーザー治療や除去液などによって、体内からアートメイクのインクを排出させる方法や、大きくはみ出ている場合は、切除する方法もあります。

1回あたりの効果や、ダウンタイム、治療後の傷跡など、総合的な観点から、レーザーによ
る除去方法が主流です。

アートメイク除去が可能になるのはいつ?

アートメイクを入れる場合も、直後は、皮膚のダメージがあり、1~2週間程度、赤みや腫れ、痒み、乾燥などの症状が出現します。

除去の治療は、最低でもそれらの症状が改善してからになります。

最短で2週間で可能ですが、アートメイクの色調が安定してから行うと、レーザー治療後のダウンタイムが軽く、皮膚の治りも早いので、可能であれば、アートメイクを入れて1か月以上空けることが好ましいです。

アートメイク除去にかかる回数や期間は?

レーザーで破壊されたインクは、皮膚の代謝により、徐々に除去されていきます。


ある程度、目立たなくなるまでは、回数が必要になります。


回数は、アートメイクを行った回数や、インクの量、インクのカラー・成分、使用するレ
ーザーにより異なります。

一般的には、3回以上必要なことが多いです。
また、治療の間隔は、最低でもレーザーによる皮膚のダメージが回復してからになるの
で、2か月間隔などで行います。


ゆえに、トータルの治療期間は、半年~1年程度になることが多いです。

除去後にもう一度アートメイクは入れられる?

もう一度アートメイクの施術が可能なことがほとんどです。


しかし、除去後の皮膚の状態が傷跡のように硬くなってしまったり、ケロイド様になった
りすると、同じ部位にアートメイクが入れられない可能性があります。

除去後にアートメイクを入れ直す場合の最短期間は、治療後の赤みや腫れなどの皮膚のダ
メージが回復してからになります。

美しく入れるためには、数か月以上空けることが好ましく、アートメイクを行っているク
リニックによって、最短期間は異なるため、確認しましょう。

アートメイク除去後のダウンタイムは?

数日~1週間程度、赤みや腫れ、熱感、軽い痛みがあり、その後、痒み、乾燥などの症状
が出現します。

症状がある期間は、治療部位に軟膏を塗っていただき、症状が落ち着くまでは、メイクは
できません。

アートメイク除去の注意点は?

アートメイクを除去するレーザー治療は、皮膚とインクの反応を見て、設定を調整しながら照射していきますが、皮膚に熱ダメージを加えるため、そのダメージが強く残ってしまう可能性があります。

また、アートメイクのインクの量・種類(具体的な成分)・入れ方によっては、難治性の場合もあります。

レーザーも複数種類がありますが、ピコレーザーは周囲の組織へのダメージが少ない為ダウンタイムも短いとされています。

アートメイク除去による皮膚のダメージ

アートメイク自体、刺青と同様、針を使用して、皮膚に専用のインクを入れるため、皮膚にごくわずかな傷跡ができている状態です。


そして、レーザーで除去する治療は、皮膚にとっては「軽いヤケド」を負うようなものです。

治療後に、処方された軟膏を外用しなかったり、皮膚が治っていないにも関わらずメイクをしたり、こすってしまったり、担当医の指示を守れなかったりすると、「ヤケド跡」のように傷跡が残り、メイクのノリが悪くなってしまったり、アートメイクを入れ直すことができなくなる可能性があります。


また、まれな合併症として、ニキビのように感染したり、ケロイドになってしまう可能性もあります。

腫れや痛み・痒みが長引いたり、悪化した場合には、上記トラブルを避けるため、早めに受診しましょう。

眉毛やまつ毛が白色化したり、脱毛してしまうリスク

アートメイク除去で使用するレーザーは、眉毛やまつ毛の毛自体や毛根の黒色にも反応します。

白色化したり、切れたり、一時的に生えにくくなることがあります。

アートメイク除去では、基本的に、水ぶくれができるほどの「大ヤケド」にはならないの
で、可能性は非常に低いのですが、皮膚の組織全体の治りが悪い場合や、治療経過の途中
でトラブルが起きた場合は、永久白色化や永久脱毛になるリスクがあります。

治療の回数は個人差がある。

アートメイクは、皮膚の浅い部分に、2週間~1か月間隔で、複数回施術し、発色を濃くしていきます。

タトゥーに比べると、色素の量も少なく、2~3年程度の持続期間とされています。

しかし、リタッチを何度も繰り返していたり、インクの量が大量に濃く入っていたり、インクの入っている深さが深い場合は、数年以上経っていても、残っている場合があります。


そのような場合は、除去治療は回数がかかりがちです。

難治性のインクがある。

アートメイク除去のレーザー治療は、皮膚の中のインクがターゲットで、そのインクに効
率的に反応するレーザーを選択し、設定を調整します。

アートメイクの色が「真っ黒」であれば、反応が良いのですが、赤みや黄色がかった茶色、唇のアートメイクの赤やピンク色は、反応が鈍く、治療回数が必要なことがあります。

また、ごくまれに、特殊なインク(赤系・肌色系・白色系に多い)が混ざっている場合、レーザーで黒く変色することがあります。


黒く変色した場合も、レーザー治療の継続は可能ですが、難治性で治療回数が多く必要と
なるため、切除する方法に切り替えることもあります。

治療ができない人

除去したい部分に、湿疹やニキビなどの皮膚トラブルがある場合や、近い部位の手術やヒアルロン酸注射などを行ったばかりの人は、腫れや赤みが引くまでは、治療はできません。

また、アイライン除去治療の場合、目玉の保護をする専用のコンタクトを装着し、レーザーを照射します。

ものもらい・結膜炎などの眼疾患がある場合やレーシックなどの目の手術をして間もない場合も、症状が落ち着くまでは、治療ができません。

また、治療の後、ダウンタイムがあるため、1~2週間以内に、大事な予定がある場合
も、治療を避けていただいたほうが良いかもしれません。

アートメイク除去は痛い?

正直、無麻酔では痛いです。

部分除去やデザインほくろ除去など、範囲が小さい場合は、我慢できるかもしれませんが、範囲が広い人や、痛み刺激が苦手な人、アイラインや唇などのデリケートな部分は、特に痛みを感じやすいです。

基本的には、治療の前に、麻酔クリームや局所麻酔注射を行います。

しかし、治療後の痛み関しては、「鎮痛剤を飲むほどではなかった」という人がほとんどです。

アートメイク除去の値段は?

アートメイク除去の値段はレーザーの種類や施術内容、クリニックによりさまざまです。


またアートメイク除去ができるクリニックは意外と少ないのが現状です。

施術として一番多い眉のアートメイク除去の相場は50000~80000円前後です。

ziz CLINICのアイラインアートメイク除去

アートメイク除去の治療方法には、レーザー治療と、切除法(パンチ・くり貫き法、切開切除手術)があり、レーザー治療では、皮膚や毛根へのダメージが少なく、難治性のインクにも効率的に反応しやすい「ピコレーザー」(ディスカバリーピコ)を用いております。


また、レーザー治療により黒色化した場合や、難治性だと判断した場合は、切除法も可能です。当院では、一般的な切開切除手術の他に、日本初上陸の「NDERM」という最新機器による、極小のパンチくり貫き法やそれをピコレーザーと組み合わせ1回の効果を高める「ピコダーム」という治療もあります。

切開切除手術の場合は、適応部位が限られたり、傷跡が目立つ可能性がありますが、NDERMは、適応部位を問わず、最低限の皮膚ダメージで除去することができます。

まとめ

アートメイクは、以前よりもカラーのバリエーションが増え、ナチュラルに見える入れ方など施術も進歩し、普段のメイク時間の時短に、とアートメイクを入れている人は年々増加しています。

しかし、そのぶん、「デザインや色を変更したい」「除去したい」という御相談も増えてきました。

アートメイクの除去には、様々な治療方法がありますが、治療には回数が必要だったり、施術中の痛みや、ダウンタイム、リスク、注意点もございます。


当院では、刺青除去専門クリニックとして、できる限り美しく傷跡が残りにくいように、最新型のレーザー機種や、最新機器のNDERMを用いており、難治性のアートメイクにも対応しております。

また、もし除去後の傷跡が気になるようであれば、傷跡の修正治療も可能です。

お悩みの方がいらっしゃれば、お気軽にご相談下さい。カウンセリングは無料です。

監修医師プロフィール

経歴

2007 岩手医科大学医学部 卒業
2007 盛岡赤十字病院 勤務
2009 岩手医科大学形成外科 勤務
2010 タウン形成外科クリニック盛岡院院長 就任
2013 湘南美容クリニック仙台院 入職
2014 湘南美容AGAクリニック仙台院院長
2015 湘南美容クリニック仙台院院長
2016 湘南美容クリニックエリア統括ドクター
2019 湘南美容クリニック北日本ゾーンドクター
2020 湘南美容クリニック技術指導医
2022 ルラ美容クリニック 顧問兼特別技術指導医就任
2023 ziz CLINIC 設立 院長就任
LIST