ziz CLINIC

COLUMN

アートメイクを消したい!おすすめの治療法4選を詳しく解説

施術について

2024.05.12

アートメイクをしていると、すっぴんでも美しい顔に見せることができます。

特に眉のアートメイクは、目元が美しく見えるため人気がありますが、トレンド眉のデザインは変わるため、新しいデザインでやり直したいと思う方もいるでしょう。

施術したアートメイクのデザインを変えたいときは、自然に消えるまでは時間がかかってしまうため、クリニックで除去してもらうしかありません。

この記事では、アートメイクを消したい場合のおすすめの治療法をまとめています。

なお、zizCLINICは、タトゥーやアートメイクの除去を専門に行っており、傷跡や痛みをできるだけ出さないアートメイク除去が可能です。

消したいアートメイクがある方は、お気軽にご相談ください。

アートメイクを消したい人には美容クリニックでの治療がおすすめ

アートメイクを消すには、どの部位のアートメイクなのかによって、除去方法は異なってきます。

主な方法として、ピコレーザー・ピコダーム・黒色変色マイルド・切除があります。

それぞれのメリットやデメリット、どのような人におすすめなのかみていきましょう。

治療法①ピコレーザー

アートメイクを除去する一般的な方法としてレーザーがあります。

レーザーにはいくつか種類がありますが、カラフルな色があっても対応できるピコレーザーが最も人気です。

アートメイクは、複数の色を混ぜて施術するため、カラフルなものにも対応できるレーザーでなければ綺麗に除去することができません。

なお、zizCLINICでは最新型のピコレーザー「ディスカバリーピコプラス」を採用しており、マルチカラー対応可能です。

また、眉のアートメイクの場合、剃毛しなければレーザーを照射できないクリニックも多いですが、当院では剃毛せずに施術を行うことができます

メリット

ピコレーザーを用いてアートメイクを除去すると、痛みや腫れなどのダウンタイムが少なく比較的少ない回数で綺麗にできます。

デメリット

ピコレーザーを用いてアートメイクを除去するデメリットは、1回で完全に除去できるのではなく、少しずつ色素を取り除いていくということです。

おすすめな人の特徴

ピコレーザーを用いたアートメイクの除去は、傷跡を残したくない人、痛みが心配な人におすすめです。

回数がかかったとしても、肌に負担をかけないでアートメイクを除去したい場合、ピコレーザーを選ぶと良いでしょう。

ピコレーザーによるアートメイク除去の症例写真

治療法②ピコダーム

ピコレーザーよりもさらに少ない回数でアートメイクを除去するには、ピコダームという方法があります。

こちらは、韓国で使われているN-DERMと呼ばれる機器とピコレーザ―を組み合わせた施術で、国内で行っているクリニックはzizCLINICだけです。

N-DERMを使用すると、切除なしで皮膚ごと色素を除去できます。

一時的に皮膚に穴があいてしまいますが、傷跡が残らないようにケアしていくため、綺麗にアートメイクを除去できます。

メリット

N-DERMを使用してアートメイクを除去すると、ピコレーザー単体よりも早くアートメイクを除去できます。

また、この機器は、眉下切開の傷跡ケアや眉まわりの傷のケアも可能です。

デメリット

N-DERMを使用してアートメイクを除去するデメリットは、2週間メイクできないということです。

パンチした穴がふさがるまで、およそ2週間かかるためこの期間はメイクができません。

おすすめな人の特徴

N-DERMを用いたアートメイクの除去は、できるだけ早くアートメイクを除去したい人におすすめです。

2週間メイクができないというデメリットはあるものの、早く綺麗にアートメイクを除去でき、傷跡も切除と比べると早く治せます。

治療法③黒色変化対応マイルド

黒色変化対応マイルドは、アートメイクで使われたインクに金属が混ざっている場合に適した方法です。

アートメイクのインクは、色を安定させるために金属を含んでいる場合があります。

結果、金属入りのインクは、レーザーの照射により黒色変化を起こして色が黒くなってしまう可能性があるのです。

しかし、ご自身で金属が混入されたインクなのかどうかということは分かりません。

そのため、その可能性がある場合、色が黒くなってしまうことを防ぐために、マイルド照射でテストを行います。

zizCLINICでは、黒色変化が起こらないようにするために、黒色変化が起こるかどうかのテストを行いながら照射レベルを設定していくという方法で施術を行っています。

照射レベルが弱めになるため、少し回数はかかってしまうものの黒色変化を起こさずに綺麗にアートメイクを除去できます。

メリット

黒色変色マイルドでアートメイクを除去するメリットは、金属入りのアートメイクでも黒色変化のリスクを下げて綺麗に除去できることです。

デメリット

黒色変色マイルドでアートメイクを除去するデメリットは、照射パワーが弱めなので、通常よりも回数が必要ということです。

しかし、照射パワーが弱い分、ダウンタイムは少ないので照射後からメイクできます。

おすすめな人の特徴

黒色変色マイルドでのアートメイク除去は、金属入りのインクかどうか分からず不安な人、施術のダウンタイムを避けたい人、施術後にメイクしたい人におすすめです。

黒色変化対応マイルドによるアートメイク除去の症例写真

治療法④切除

アートメイクを1回で綺麗にするには、切除という方法があります。

切除は、アートメイクの部分を切って縫う方法です。

レーザーを照射したけれど気になる部分がある場合も、切除することがあります。

メリット

切除でアートメイクを除去するメリットは、1回で綺麗にできるという点です。

また、zizCLINICの場合は、形成外科・美容外科の資格がある医師が施術を行っているため、ご希望により眉下のたるみ取りも同時に行うことができ、より綺麗な目元に仕上がります。

デメリット


切除でアートメイクを除去するデメリットは、約1週間メイクできないということと、傷跡が完全に治るまで時間がかかるということです。

おすすめな人の特徴


切除によるアートメイクは、1回でアートメイクを除去できるため、早く消したい人におすすめです。

zizCLINICは患者様に最適な治療法を提案いたします

zizCLINICは、ご紹介したアートメイク除去法を全て行っています。

アートメイク除去やタトゥー除去の専門クリニックで、おひとりお一人の状態に合わせて最適な治療法をご提案させていただきます。

どの方法が良いか分からないという場合は、一度カウンセリングでご相談ください。

【まとめ】美容医療ならアートメイクを消したい気持ちに応えられる!

アートメイクのデザインが気に入らない、前のデザインと異なるデザインにしたいときは、今入れているアートメイクの色素を綺麗にしておかなければ、美しい仕上がりにすることができません。

アートメイクを消したいなら、様々な方法に対応している専門クリニックに相談してみましょう。

zizCLINICなら、術後のアフターケアやアフターフォローもしっかりと行っているので、安心してアートメイクを除去できます。

まずはお気軽にご相談ください。

LIST